スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ピックアップ劇場その2

最近の遼ちゃんはご飯のとき、「頂きます」と「ご馳走様でした」でお辞儀をします

たまにお坊さんの様に、手を合わせることもありますが、早く食べたい時や

足りない時は怒ってやってくれません

可愛いなぁ~

今日はピックアップ交換その2です。

「ピックアップ交換劇場その2!
・・・配線の迷路に見える真相!
中年OYAJIの過去に隠された真実と、今こそ湧き上がる憎しみと哀しみ・・・。
血まみれの半田ごてが泣いている。
愛と憎悪の復讐劇ここに完結!」

前回のハイライト
中年OYAJI 「グワぁ~!!!!!!  」
J 「 どうした!大丈夫か中年OYAJI~!!!!中年OYAJI~!!! 」



中年OYAJI 「クソッ・・・!これからつけるピックアップの配線に予備ハンダを付けようとしたら、何故かそれが撥ねて俺の左手の甲に・・・ぐぉ~・・・!」

J 「見せてみ・・・グッ!こいつは酷い・・。(致命傷レベルじゃね~か・・・。)
・・・俺が「お前がやるんだ!」と言った手前言いにくいが、これ以上無理だ・・・。諦めるしか・・・。」

中年OYAJI 「・・・Jさん・・・。俺まだやりますよ・・・。いや、むしろ諦めることができない理由が俺と・・・こいつ、このこれから付けるピックアップにはあるんですよ・・・。こいつはね~、俺にギターの楽しさを!喜びって~奴を教えてくれたギターの「心臓」だったんですよ・・・。あのご機嫌なサウンドをもう一度、もう一度だけ甦らせてやりたいんです・・・。いや!甦らせてみせるんですよ!俺は!!・・・グッ!!」

J 「大丈夫か!?無理するな!中年OYAJI!」

Jは中年OYAJIを止めようとした。
しかし中年OYAJIはJに「強い意志を持った目」を向けこう言った。 

中年OYAJI 「いや・・・!Jさんが何を言っても俺は続けますよ!俺と・・こいつの為にね・・・!」

J 「・・・中年OYAJI・・・。・・・分かった!もう何も言うまい!俺は見届けてやるぜ!お前と、そのピックアップの生き様って~奴をなぁ!!!!!(号泣)」

中年OYAJI 「・・・Jさん!!俺、俺やり遂げて見せますよ~!(号泣)」

そう言って中年OYAJIはまたハンダごてを握り締め、激痛をこらえながら作業を開始した。

付け替えた配線室
中年OYAJI 「・・・やった成功だ・・・!やりました!やりましたよ!!Jさん!!」

J 「良くやった!良くやったぞ!!中年OYAJI!!よし!ちゃんと音が出るか確認するんだ!」

中年OYAJI 「ハイ!Jさん!!

・・・・・・あれ?音しない・・・。 」

J 「・・・写真見てみろ・・・。一本取れてる配線あるぞ・・・。」

中年OYAJI 「・・・。」

気を取り直してその配線を取り付け作業が完了した。
取り付け後
中年OYAJI 「・・・やった成功だ・・・!今度こそやりました!やりましたよ!!Jさん!!」

J 「良くやった!良くやったぞ!!中年OYAJI!!よし!ちゃんと音が出るか確認するんだ!・・・さっきも言ったぞこのセリフ・・・。」

中年OYAJI 「・・・?お、おかしいぞ・・・!?全てのセレクター位置から、新しく付けたピックアップの音しか出ていない!? 」

J 「何ぃ~!!どういう事だ!?貸してみろ!!・・・本当だ・・・何処に変えても一つの音しかしないし、ドライバーで叩いても、新しく付けたピックアップしか反応していない!!
・・・中年OYAJI!!お前付ける前に配線を仮付けして、ちゃんとドライバーでコンコン叩いて、確認してからハンダ付けしたのか!?」

中年OYAJI 「・・・しまった・・・!痛みに気をとられて、勢いだけで取り付けちまった・・・。どうやらやっちまったようです・・・グフッ!!」

J 「中年OYAJI!!頑張るんだ!!まだ諦めるんじゃない!!あとチョットじゃないか!もう一度だけ写真と照らし合わせて、今度は仮付けして確認するんだ!!」

中年OYAJI 「クッ!そうだ・・・!俺は!やり遂げてみせる!!!!」

そして中年OYAJIはもう一度写真と見比べた。

中年OYAJI 「・・・ココだ!!そうか!さっき外れていた配線の部分だ!ヴォリュームポッドから出ているセレクターと繋いでる線だったんだ!そこに新しくつけるピックアップの線もつけてしまっていたんだ!だから出力が新しいピックアップだけになってしまったのか!写真で見ると、古いピックアップからのHOT線はその一個上の所に付いている!ココに付ければ良いんだ!!
良し!仮付けして・・・やったぞ!ちゃんとネック側のピックアップも鳴っているし、ハーフトーンにもなっている!!・・・やりました!やりましたよ!!(号泣)」

J 「やったな!中年OYAJI!!お前ならやれると信じていたぜ!!さあ!ハンダ付けを済ますんだ!!」

中年OYAJI 「ハイ!Jさん!!」


中年OYAJI 「グワぁ~!!!!!!!!!!!

J 「中年OYAJI!!・・・ま、まさか!!また・・・!!」

中年OYAJI 「クソっ・・・。また同じような場所にハンダが飛んできたぜ・・・。さ、さすがにもうダメか・・・。」

J 「諦めるな!!!(泣)・・・あと、あと少しじゃないか!!(号泣)・・・ココまで来たらお前がやらないで誰がやるんだ~!!!(爆泣)」

中年OYAJI 「・・・フッ・・・。そ、そうですよ、ね・・・。今の言葉・・・最高のキツケになりましたよ!!
俺はやるぜ!!やってみせるぜぇ~!!!!!」

中年OYAJIは瀕死の重傷にも関わらず、一心不乱にハンダごてを唸らせ続けた・・・。

そして・・・

中年OYAJI 「今度は完璧だ・・・。完璧ですよ・・・・!Jさん!!」

J 「ああぁ!!最高の出来だぜ中年OYAJI!!さあ!音を・・・音をお前自身の耳で確かめるんだ!」

中年OYAJI 「・・・ハイ!!」

中年OYAJIは最後の力を振り絞りギターに弦を張り、鳴らし始めた・・・。

ジャーン!ジャカジャーン!! 

中年OYAJI 「・・・?」

タラリラリラリラリ~タララン!

中年OYAJI 「・・・?

J 「ど、どうした?中年OYAJI?キズが痛むのか・・・?」

中年OYAJI 「いや、チョット、想像していた音と違うと言うか、むしろ元のピックアップの方が良い感じ・・・?」

謎の声 「フハハハハ!!!」

二人 「誰だ!?」

謎の声 「俺だよ!このピックアップ交換復讐劇を仕組んだ犯人さ!お前よくよく考えて何か勘違いしてないか?ご機嫌なサウンドって言っても、何年前の話だ?しかも載せるギターも変われば音も変わるに決まっているだろう!?プラスして「もっとご機嫌な高音の歪みで低音は少し抑え目で」を欲しがっているお前に「YSG」のような大人しめのギターのピックアップが更なる歪みをもたらすわけが無いだろう!?完全に中音域を狙ったヴィンテージライクな音じゃね~か!もっと当時の音を思い出すべきだったなぁ~!手に2箇所もハンダ付けてご苦労なコッタ!!
うわはははははっは~!!

中年OYAJI 「な、なんだと!そ、それが狙いだったのか・・・!!・・・で、でもいいんだもん!!今回は練習だもん!!ハンダの練習や配線の付け方覚えただけでも良い勉強だったもん!!次につけるピックアップの為のデモンストレーションだもん!!(半泣)」

犯人 「4時間もご苦労様です!俺は自首するがな!良く覚えとけ!付け替えても自分の好みの音が出るとは限らないんだぜ!わはははは!!」

中年OYAJI 「・・・それでも、それでも俺はやるさ!!俺のご機嫌なサウンドを見つけるその日まで!!

・・・・グフッ!!

犯人 「おっと!天国からお迎えが着ちまったようだな!無様に散るがイイゼ!!」

ゴブシッ!!ベキッ!ゴガスッ!!

Jの熱い拳が犯人を叩きのめした!

犯人 「ウギャ~! 」

J 「さっきからベラベラと!!そうやって俺達ギタリストは追い求める自分自身の音を見つける旅をしてるんだよ!失敗もあれば、成功もあるんだ!!グダグダ言ってる奴は俺が叩きのめす!!!

犯人 気絶・・・。

J 「中年OYAJI!大丈夫か!?」

中年OYAJI 「・・・大丈夫です・・・!そうさ・・・俺の、俺のご機嫌なサウンドを見つけるまで、くたばる訳には行かないぜ・・・!」

J 「そうだ!お前のご機嫌なサウンドを見つけるその日まで!!・・・肩、貸すぜ・・・!」

中年OYAJI 「・・・Jさん!」

こうしてピックアップは、もとのディマジオIBZに戻され(えっ!?)
「今度こそは!」と思う中年OYAJIだった・・・。

懲りずにまた変えるぞ~!!

確実に音が変わることは分かったから、

そういう意味ではかなりの収穫だ~!! 

本当にJさんありがとうございました!! 


くだらないドラマ仕立ての長々しい文章を最後までちゃんと読んでくれた方にも感謝です。

 

 



スポンサーサイト

theme : ギター
genre : 音楽

comment

Secret

お疲れ様でした!!

手のハンダ痕は大丈夫ですか?
私も何度か熱い想いをしています・・・

御機嫌サウンドはなかなか見つからないものですね。
実際に取付けてみないと音が確認できないので大変ですよね。

ピックアップ配線を楽にするため、コネクター式(ワンタッチ)にしてしまおうかなど考えています。

Re: お疲れ様でした!!

> 手のハンダ痕は大丈夫ですか?
> 私も何度か熱い想いをしています・・・
>
> 御機嫌サウンドはなかなか見つからないものですね。
> 実際に取付けてみないと音が確認できないので大変ですよね。
>
> ピックアップ配線を楽にするため、コネクター式(ワンタッチ)にしてしまおうかなど考えています。

ハンダって結構撥ねますね(笑)俺の溶かし方が下手なんでしょうけど(笑)
早めに新しいピックアップ買って、また取り付けます。
とりあえず、ハンダを飛ばさない所から練習します(笑)

はじめまして
杏奈と申します

いつも楽しくブログ拝見しております

今回のこのドラマ仕立ての記事に
大爆笑してしまったわ

私もギターのサウンドは大好きなのよ

彼がいつも弾いているわ

ハンダ痕酷そうだわ~
ずいぶんご苦労様なさったわね

それにしても
このドラマ面白いわ~爆
よく脚本しましたね~感心するわ~

コメントありがとうございますッ!
あ、あの・・
すごいすごい、お恥ずかしいことなんですがッ・・
実は私、まったくまったくまったくの
初心者でしてっ(/TДT)/あうぅ・・・・

ギターのこと、なんにも知らないのですッ!
知ってることといえば、ドレミファソラシドくらぃで・・とほほッ。

これから中年OYAJiさんのブログを見て
いろいろ勉強したいと思いますッ!
ピッキングの記事みてみますねッ!

よかったら、また私のブログにも遊びに来てください☆

あの、本題言うのを忘れていました!
私、右利きなんですが・・
私の愛ギターは左利き用なんですか!?
なにも知らなくて。
おヒマなときがありましたら、教えてください・・・
(/TДT)/あうぅ・・・・

Re: タイトルなし

> はじめまして
> 杏奈と申します
>
> いつも楽しくブログ拝見しております
>
> 今回のこのドラマ仕立ての記事に
> 大爆笑してしまったわ
>
> 私もギターのサウンドは大好きなのよ
>
> 彼がいつも弾いているわ
>
> ハンダ痕酷そうだわ~
> ずいぶんご苦労様なさったわね
>
> それにしても
> このドラマ面白いわ~爆
> よく脚本しましたね~感心するわ~

初めまして杏奈さん!
最後まで読んでいただいてありがとうございます(恥笑)
なんだか今更読み返してみると、とっても恥ずかしい!

Re: タイトルなし

> コメントありがとうございますッ!
> あ、あの・・
> すごいすごい、お恥ずかしいことなんですがッ・・
> 実は私、まったくまったくまったくの
> 初心者でしてっ(/TДT)/あうぅ・・・・
>
> ギターのこと、なんにも知らないのですッ!
> 知ってることといえば、ドレミファソラシドくらぃで・・とほほッ。
>
> これから中年OYAJiさんのブログを見て
> いろいろ勉強したいと思いますッ!
> ピッキングの記事みてみますねッ!
>
> よかったら、また私のブログにも遊びに来てください☆

ぴゅれきみさんコメントありがとうございます!
いえいえ誰もが最初は初心者ですよ(当たり前か・笑)
練習のお助けになれるブログを作れたら嬉しいなと思っております。
4月~5月最初にかけてピッキングや、右手について書いているので
読んでもらえたら嬉しいです。

Re: タイトルなし

> あの、本題言うのを忘れていました!
> 私、右利きなんですが・・
> 私の愛ギターは左利き用なんですか!?
> なにも知らなくて。
> おヒマなときがありましたら、教えてください・・・
> (/TДT)/あうぅ・・・・

ちなみにぴゅれきみさんのギターは写真で見る限りは、
通常左利き用のギターですね~。(写真をあえて加工して逆転させてないですよね??)
あえて左利き用のギターで弾いているプロの方もいますが、
イケベ楽器等のサイトにて「ボディの形が逆じゃない?」と言う確認は出来るかと思います。

な、なるほどッ!
でもなんかこのギターは
これでいいのだ、そうですッ?
説明書見ると
お見本の人も右で引いているので・・
で、でもッ。
どどど、どーなのでしょう!
一度お店の人に聞いてみることにします☆

Re: タイトルなし

> な、なるほどッ!
> でもなんかこのギターは
> これでいいのだ、そうですッ?
> 説明書見ると
> お見本の人も右で引いているので・・
> で、でもッ。
> どどど、どーなのでしょう!
> 一度お店の人に聞いてみることにします☆

そうですね(笑)。お店の人にも聞いてみると良いですね。
ちなみに右で弾くと言うのは、「右手にピック・左手で運指(弦を押さえる)」でしょうか?
右手で弦を押さえているのだとしたら、やはり左利き用という事になります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。