スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジム・マーシャルさんにご冥福をお祈りします。

エレキギター・アンプの「マーシャル」ブランド創始者のジム・マーシャル氏が2012年4月5日、
英国で死去した。88歳だった。

マーシャル氏は1923年ロンドン生まれ。ドラマーとして活動した後、楽器店を始め、62年に初のマーシャルアンプとなる「JTM45」を完成させた。そのワイルドなサウンドが当時のロックギタリストに受け、以来次々と名機を開発。ジミ・ヘンドリックスやリッチー・ブラックモアら数多くのギター・ヒーローがマーシャルアンプを使用し、マーシャル氏も「Father of Loud(爆音の父)」と呼ばれ親しまれていた。(J-CAST様引用

だそうです。

「Marshall」アンプのカッコよさったら無いですよね~。

自分はある意味「Marshall」の音+見た目のカッコよさに出会っていなかったら、

ここまでギターを弾いていなかったと思います。

自分は、ジョンサイクスの影響もあって、JCM800の音が一番好きですが、

何しろ、どのアンプも「Marshallサウンド」が、一発でわかる。

これって凄いことですよね。

ジム・マーシャルさんはお亡くなりになりましたが、

これからも、Marshallファンとして、マーシャルサウンドを

こよなく愛していきますよ!!
スポンサーサイト

comment

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。