スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JS-10その2

使っていてもの凄く音が作りやすい事に気が付いた今日この頃。

「EZ・TONE」って初めて使ったのだけど、これ凄いです。

非常に直感的に音が作れる。しかもかなり明確に音の変化がわかる。

もちろん空間系のエフェは別にセッティングしないといけないけど、

歪み方や、トーンはこれで作った方が分かり易く、スピーディー。

これ使っていると、普通のエフェクターの使い方下手になりそうな位「楽」(笑)

・・・しまった!!BOSSの策略か!!

これを使わせておいて他のエフェが使えなくなって、

結局BOSSを買うという輪廻地獄!!

でもBOSS信者になりそうになって来た位はまってます(笑)

一度お試しを。
スポンサーサイト

POD HD 400

夏のバーゲンもありますが、結構安く出てますね。

ロックインかなんか、日時限定で1万9800円。

何となく分かる気がしました。

試奏して来たんですよ。

とりあえず家の環境に合わせて、低出力アンプに繫いでもらって、

25Wのフェンダーアンプへ。

FENDER FRONTMAN 25Rですね。

並んでいたアンプの中で、一番素直そうな感じだったので。

アンプ設定はフルフラットで。

音モコモコします

店員さんいわく、

「もっと大きなアンプか、実はヘッドフォンだと、

相当チューブアンプぽいんですよね~。」


15W~25W位だと、PODの出力の勢い?に負けるらしい。

個人的に「う~ん。」でした。

まず、低音が「ド~ン!!」

ある意味音の分離は、PODxtより悪い感じします。

でも、音が凄いアナログチューブぽいのは、凄い分かります。

音が良いのに、分離が悪い。

そんな感じ。

プリセットも非常に良い評価をネット上で見てたのでいろいろ試しましたが、

やはりどれも低音が「ドーン!!」

店員さんも、

「しょうがないですかね~。チューブアンプって、こんな感じですよ。」一点張り。


そんな事ないだろ。

買うなら、BOSS GT-100ですかね。

もしくは、あえてGT-10。

悩んでます。





ストラップ

そう言えば、辰年ということで、

ストラップ1

ストラップ変えてみました。

CIMG0534.jpg

シルクっぽいさわり心地がとても気持ちいええストラップです。

「Jodi Head」の Blue Pink Dragon

というストラップです。

3980円でした。

いろんな色も柄もあったので、気になった方はぜひ。

普通の値段ですが、高級感タップリのストラップです。

参考・フジゲンHP

ORANGE CRUSH 20LDX

最近気になるもう一つのアンプが、

ORANGE CRUSH 20LDX

です。

実は、個人的な好みですが、VOX VT20+は売ってしまいまして。

いつまで弾いていても、新品のなんでしょう、キンキン・ドンドン感?

もの凄いドンシャリな感じが取れなくて、マーシャル君しか使わなくなってしましました。

そこで白羽の矢を立てたのが、これです。

なんか、動画で見ると歪みの感じが凄い好みです。

最近、メタル以外も、フュージョンぽいのも弾くので、「メタル!」

てのより、この手のオーバードライブが好きなんですね~。

トランジスタの歪み意外と好きな今日この頃です。

まあ、この間久々に個人練習で、スタジオに入って、JCM900弾いた時は、

流石に、「うわ~・・・。きもちえぇぇ~・・・。」ってなりましたが(笑)

値段も手ごろなので、悩んでます。

とりあえず、試奏してこなきゃね~。

Youtubeの動画URL

http://youtu.be/ftXfLkDsxAI

BUDDA SuperDrive Series2

個人的に凄いです。このアンプ。

BUDDA SuperDrive Series2

最初はPODxtの中で、オーバードライブの気持ち良いアンプを探していたら、

「ZEN MASTER」と言うのがあって、「これいいな。」と。

「このアンプなんてモデルなんだろう?」と見てみたら、

BUDDA のアンプの違うモデルでした。

でもPODxtでも気持ちの良いアンプだったので、気になりまして。

たまたま近くの楽器屋で、「BUDDA SuperDrive Series2」を 試奏している方を、

発見。(自分で弾いたのではない所がみそ。)

その方がかなり上手かったので、その後弾く勇気は無かったです・笑

でも聴いていて、 「きもちぃぃぃ~!!!」

アンプでした。

値段的に簡単に買える金額ではなかったですが・笑 中古で13万くらいです。

高いな。でもちょっと欲しいっす。

探すと動画もありますが、動画よりも、直にアンプの音を聴いて欲しいアンプです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。