スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bruce Springsteen - Dead man walking



今日、AFNを聴いていて、初めて聴いたのですが、メチャクチャカッコ良くないですか?

相当好きですこの曲。

なんだか同タイトルの映画のサントラなんですかね?これ。
スポンサーサイト

BEHRINGER GDI 21

買ってまいました。

中古で、2100円

これ、

凄い使える。

アンプシミュレーターといえど、むしろ、歪み系エフェクターとして使いたい。

TWEEDにすれば、ブースター的にも使えるし、BRITにすれば、マーシャル的歪みに。

しかも、かなり歪みます。

HOT(一番歪む)
HI G(これも歪むけど、音の輪郭はしっかりしてます)
CLN(まあまあな感じ。クランチ作りやすい)

があるので、これ一台で、相当な歪みパターンが作れます。

イコライザーは相当利きが良くて、特にTREBLEは3時を過ぎたあたりから、

キャラクターが変わってきます。

ヌケが非常に良くなり、カラッっとした音に変わります。

マーシャルのシミュである、「BRIT」は結構マーシャルぽいです。

レクチのシミュの「CALIF」は「BRIT」に、丸みを帯びた低音を足した感じ。

「TWEED」は、多分フェンダーなんでしょうけど、実際にフェンダーアンプ

を弾いた回数が少ない為、コメント控えます。

でもクランチは相当気持ちよいです。

あと、ギター本体のヴォリュームを下げて、このエフェクターのレベルを上げると・・・、

歪み方が変わる!!

これある意味凄いと思います。もの凄い歪みの範囲が広がる。

値段的にべリンガーなめてました。

新品でも2980円ですしね。

むしろ、

他のメーカーもっと値段通りの物作らんかい!!

コストパフォーマンス高すぎです。

もともとべリンガーは、

社是は「性能は倍に、価格は半分に (Double the features at Half the price)」である。

をモットーにしているそうなので、何となく、うなずけます。

コストを安くする為に、アジアで作ってたけど、そこの品質保持が気に入らなくて、

そこに引っ越して、社長自ら陣頭指揮を取ったくらいの

こだわりを持っているメーカーの様なので、ある意味信頼できるかも。

最近は中国に「べリンガーシティ」と言うのを作って、しっかりとした品質保持を

しているらしいです。

だから、ちょっと年式古い物は、要注意?必要かも。

値段、ネームヴァリューにとらわれず使える方は、ぜひお試しを!!

自分はべリンガーはまりそうです。

ちなみに自分は、この商品は音痩せはあまり気にならないと思いました。

個人差はあるでしょうけどね。

(ネット上だと音痩せ酷いとか書いてある所あるので)

もっと評価されて良いメーカーだと思います。

ジム・マーシャルさんにご冥福をお祈りします。

エレキギター・アンプの「マーシャル」ブランド創始者のジム・マーシャル氏が2012年4月5日、
英国で死去した。88歳だった。

マーシャル氏は1923年ロンドン生まれ。ドラマーとして活動した後、楽器店を始め、62年に初のマーシャルアンプとなる「JTM45」を完成させた。そのワイルドなサウンドが当時のロックギタリストに受け、以来次々と名機を開発。ジミ・ヘンドリックスやリッチー・ブラックモアら数多くのギター・ヒーローがマーシャルアンプを使用し、マーシャル氏も「Father of Loud(爆音の父)」と呼ばれ親しまれていた。(J-CAST様引用

だそうです。

「Marshall」アンプのカッコよさったら無いですよね~。

自分はある意味「Marshall」の音+見た目のカッコよさに出会っていなかったら、

ここまでギターを弾いていなかったと思います。

自分は、ジョンサイクスの影響もあって、JCM800の音が一番好きですが、

何しろ、どのアンプも「Marshallサウンド」が、一発でわかる。

これって凄いことですよね。

ジム・マーシャルさんはお亡くなりになりましたが、

これからも、Marshallファンとして、マーシャルサウンドを

こよなく愛していきますよ!!

3.11

無くなった方のご冥福をお祈りいたします。

ヴァレーアーツのノイズ対策

ノイズが結構酷い(笑)

もう、18年前のギターなので、しょうがないとこもあるのですが、

でも酷くなってきたので、ノイズ対策をする事にしました。

ネットで探したら、もの凄い簡単な方法があったので、試してみました。

「100円ショップで台所用アルミシールを買ってきて

ピックガード裏に貼るという方法。」


です。

一旦ピックアップ等を外して、ピックガードだけにして、

飛び出すように大きく貼って、カッターで、ピックガードに沿って

切る!!


これだけ。

ノイズ減りますよ~。

でも

ハイ落ちもしますよ~。


これは結構ビックリするくらい、ハイ落ちします。

「あれ?トーン少し絞ったままだっけかな・・・?」

ってナくらい。

まあ、ヴァレーアーツちゃんは、

アッシュボディ&ハイ気味ピックアップの

ヒステリックぎみな女(音)だったので、

「ちょっと大人の色っぽい女(音)」に変わった感じです(笑)

そんなわけで、マホボディで、低音出力の強いピックアップ搭載ギターの場合、

音抜けが悪くなる可能性が「大」の為、

お勧めしません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。